おすすめ!

祗王一族

祗王一族は、代々特殊な能力を持っている家系です。そして財界のみならず政界にも影響を与えることもあります。現在は総帥として天白が一族を取りまとめています。夕月や『戒めの手(ツヴァイルト)』たちも祗王一族です。

今人気の漫画

祗王一族

祗王 天白(ぎおう たかしろ)

  • 12月17日生まれ。B型。身長183㎝。
  • 魔道書『ソロモンの鍵』の所有者

祗王一族の総帥にして預言者(ウァテス)です。

千年以上前の『黄泉の落日』からずっと生きていて、記憶を維持し続けています。左頬には『黄泉の落日』の時に受けた傷の跡が残っています。表世界で活動する時は眼鏡をかけていることがあります。一族きっての能力者で悪魔召喚士(ネクロマンサー)です。

絶対禁忌の『失われた術』を施して、体内に悪魔を宿した不老不死の身体を持っています。『戒めの手』が死を迎えるときには転生の秘術を施したり、『神の光』の能力者を転生させるための秘術を施してきた人物でもあります。

定期的に「予言の儀式」を行って関係各所に指示を出していますが、正しい解釈には知識と経験、直感が必要なために、解釈の難しい予言もあるようです。アニメ版では、体内に宿した悪魔が暴れるためか度々体調を崩してしまい、聖水に浸かって痛みを鎮めたりしていましたが、苦しむ姿を誰にも見せることを嫌がり、その事実を唯一知る冬解に心配されていました。

祗王 橘(ぎおう たちばな)

『黄昏館』の館長です。いつも奇抜な帽子を被っていて、明るく軽い性格ですが、在住者のことをきちんと見ています。天白のことは「総帥」と呼んでいますが、ツヴァイルトにはあだ名(例:ほっつー(焔椎真)、つっくん(九十九)などなど。)をつけて呼んでいます。

帽子を取りたがらない理由には、「自分が人間じゃない事がばれるから」と言っています。自称Aランクの上級悪魔で、天白に召還されて下克上を試みてみますが、徹底的に叩きのめされ主従の契約を交わしました。天白との契約条件は「絶対に俺に嘘をつくな」と言っていますが、「こんな設定ならかっこいいと思わない?」と茶化したままなので、真相は謎のままです。

藤原 彌涼(ふじわら いすず)

『黄昏館』の医務室に勤務している祗王一族の主治医です。悪魔につけられた傷の有効な治療法を研究しています。癖のある髪を伸ばしてうなじの辺りでひとつにまとめて、無精髭と眼鏡、よれた白衣といういでたちが多いです。

医務室は大抵彼の私物で足の踏み場もない状態になっています。黄昏館に住む面々の健康管理も担当していて、悪魔の肉体にも興味を持っているのでルカを見ると「調べさせてくれ!」と医務室に連れ込もうとすることもあります。(もちろん抵抗されていますが)昔は海外を飛び回っていたということです。また、天白を呼び捨てにしたり、妙なあだ名で呼んだりと言動が不遜なために鎌倉本邸の執事・冬解とは犬猿の仲です。

式部 為吹(しきべ いぶき)・・・天白の有能な秘書です。夕月の母親・観月の妹でもあります。

式部 椿姫(しきべ つばき)

観月と為吹の妹です。千紫郎とは親が決めた許婚同士でありましたが、千紫郎がツヴァイルトになる決意をした時に婚約を解消しました。

千紫郎より5歳年上です。気が強い性格で男嫌いですが、甥にあたる夕月のことは可愛がっています。また、本邸で修行していた神命正宗とも仲が良いです。

呉羽 冬解(くれは ふゆとき)

鎌倉にある祗王本邸の執事です。非常に優秀な執事でもあり、優れた陰陽師でもあります。オフタイムには前髪を下ろしています。幼い頃より天白に絶対の忠誠を誓っていて、天白に執事として仕える事を誇りとしています。そのことを天白は「酔狂」と評しています。

呉羽 綾(くれは あや)

矢作紗友里冬解の妹です。黄昏館で世話係として働いている女性です。普段は着物を着ていますが、リアが黄昏館に帰宅した時には、お土産のメイド服を着ました。十瑚とは仲が良いので、一緒にお風呂に入ったりしたりしています。

遠間 克己(とおま かつみ)

黄昏館で働くコックの青年です。ツヴァイルトのような特殊能力は持っていませんが祗王一族の1人です。イタリアで修行してようで料理の腕は良いのdすが、トマト嫌いの焔椎真や、いつでもお菓子を持ち歩いている九十九に振り回される苦労人です。千紫郎がやって来てからは2人で料理をすることも増えました。

神命 正宗(しんめい まさむね)

鎌倉本邸で修行中の悪魔召喚士見習いです。高校2年生です。十瑚に好意を寄せています。

4年前に、彼の父が上級悪魔「カデンツァ」を召喚して、伽藍邸の惨劇を引き起こした咎によって一族から母と弟、共々追放されましたが、それがきっかけで母の迦耶子が病に倒れたため、悪魔召喚士となる事を条件に天白に一族への復帰を許可されました。亡父が起こした事件の事を深く悔いています。斎悧とリアが海外から戻って正式にペアとなって全ての戒めの手が揃った折に、次の戦いから前線に出る事を天白から許可されました。

神命 迦耶子(しんめい かやこ)

斎悧の叔父(父親の弟)の妻です。夫が亡くなった後は、女手ひとつで正宗・大和兄弟を育てていましたが、大和が事故死した春に病に倒れました。「神の光」である夕月を心のよりどころにしています。

神命 大和(しんめい やまと)

正宗の弟です。4月に(夕月が祗王一族に合流する前)通っていた中学の校舎4階の窓から転落死しました。中学3年でした。

大和が転落死をした後に、不良グループのメンバーが立て続けに上野公園内で死亡するという事件がありました。校内では彼も含めて「呪われた」という噂が立ちました。

碓氷 熾束(うすい しづか)

愁生の従兄弟で京都本家に在籍しています。叢雨兄弟の師匠です。容姿は愁生に似ていて冷静沈着な立ち居振る舞いですが、皮肉は辛辣です。十瑚・愁生捜索に参加します。

黎泉 狼(れいぜん ろう)

京都本家に在籍しています。焔椎真・愁生の師匠です。神戸出身の27歳で独身です。容姿は野性的で、病院で焔椎真にいきなり背後から蹴りを入れるような、熾束とは正反対の立ち居振る舞いをして、熾束に「この師弟は祗王一族の恥部」と辛辣な言葉を投げられます。ルカとは熾束と共に一度会った事があり、十瑚・愁生の捜索に参加しています。

主要人物の血族関係者

気になるイケメン作品

観月(みづき)

夕月の母親です。19歳の時に自ら志願して『神の光』の能力者を転生させるための母体となって、夕月を産んだ直後に死亡しました。夕月は最初、父親の名前を頑なに言わないで、生まれたばかりの夕月を連れて姿を消したと教えられていました。京都本家の元老が朝陽院に預けたのは天白だと夕月に告げますが、真偽のほうは不明です。

院長先生

養護施設・朝陽院の院長です。夕月を赤ん坊の頃から育てました。囲碁、将棋、武道を嗜んでいて、夕月も幼い頃より手ほどきを受けています。そして子供達を心から愛して見守っています。夕月の言動から察すると、夕月は院長先生を心底尊敬している模様です。

伽藍(がらん)師匠

塚田正昭千紫郎の祖父で唯一の肉親です。自宅で道場を開いています。孫でもある千紫郎と黒刀の師匠でした。

生家で疎まれて、孤独に育ったために頑なに心を開かない黒刀に深い愛情を注いで「家族に『バカ』はいかん」「1人で生きていけないのはよく分かっているじゃろう」とたしなめたりと、黒刀を実の孫と同じ様に育てました。

千紫郎の許婚だった椿姫は、度々道場に出入りしていたために、面識があります。この道場は『戒めの手』の修行場であると同時に、悪魔の襲撃から『戒めの手』を守るための人材を育てる場所でもあったようで、非常時には使用する蔵のような離れがあります。

門下生も複数同居していたこともあり、食事は当番制でした。千紫郎の料理上手はここに由来するようです。「食事は全員で集まって摂るもの」が信条(ルカの証言も)で、黒刀はそれを今も信念として守っています。

将棋が趣味で黒刀に将棋の手ほどきをして、黒刀が奨励会で昇段・昇級する度に将棋仲間に自慢して回っていました。アニメでは至上最年少(中学生と思われる)でプロ棋士となったときには、自宅で盛大な祝賀会を開いています。4年前に『戒めの手』の黒刀と後のことを託した千紫郎を、離れの扉に結界を施して守りきり、上級悪魔によって殺されました。その死に様は、ルカは「潔い」と言わしめています。